TOP > ストーリー > ダグラスファーのデッキ材
フローリング
2016/08/22

ダグラスファーのデッキ材

ストーリー

日本国内ではまだ全く知られていない、ダグラスファーのデッキ材をご紹介します。天然木のウッドデッキの場合、通常イペやセランガンバツー等の濃色系の南洋材が主流です。しかし近年これらの樹種の供給が次第に不安定になり、価格が高騰している状況が続いています。そこで床材として非常に美しく北欧の住宅や商業施設でもよく使われる、ダグラスファーのデッキ材をご検討されてはいかがでしょうか。

ソフトウッドですが耐久性が非常に高く、防腐剤処理等は全く不要です。
( t )26または35 x ( w )110 x ( l )6000mmまでのご指定サイズで生産可能です。

受注生産品となるため、価格等詳細はお気軽にお問い合わせください。