TOP > blog > Thomas Alkenアトリエ訪問
家具
2017/04/05

Thomas Alkenアトリエ訪問

blog

先日のデンマーク出張で、Thomas Alkenのアトリエを訪問しました。彼はPPモブラー社より、「PP850テーブル」「PP961ハングオン」をデザインしています。お客様に納品したテーブルの美しさにとても感動したばかりだったので、今回の面会を心待ちにしていました。

最大で12名まで着席できるPP850オンボードテーブルは、222cm-270cm-318cm-366cmへと伸長でき、非常にフレキシブルです。24cmx2枚、48cmx2枚、計4枚の伸長板は、天板下に収納することができる優れもの。家族や友人などが集まる様々なシーンにフレキシブルに対応できるテーブルを作りたいとデザインしたのだそう。これまで、ウェグナーのデザイン以外のテーブルを生産する機会があまりなかったPPの職人達にも即座に気にってもらい、商品化されたんだそうです。ウェグナーのチェアPP58PP68との相性もバッチリです。




そしてもう一つのデザイン「ハングオン」は、PPの工房を訪問した時に、製品を作る際どうしても出てしまう品質の良い木材の切れ端が、暖房の燃料として使用されている場面を見て思いついたのだそう。この木材をどうにか有効活用できないだろうか。そうしてデザインしたのがハングオンでした。

「まちまちな木材のフックがいいですね。」とお伝えすると、
「年頃の娘がいるのだけれど、パパが娘のバスタオルを使うと怒るのですよ。家族なのに、、。だから誰のタオルか一目でわかるよう、別材フックを思いついたんだ。」というチャーミングな裏話を教えてくれました。

     
いずれも、日常の生活の必要性から生まれたデザインです。

実際にデザイナーご本人にお会いすると、その人柄や空気感を感じとることができ、また、デザインする上での小話など普段なかなか耳にすることができないことを伺うことができます。またアトリエ訪問記アップいたしますね!

ハングオン 24,000円〜(3/4/6フック)