TOP > ストーリー > J39 - ボーエ・モーエンセンの原点 #1
家具
2017/10/31

J39 - ボーエ・モーエンセンの原点 #1

ストーリー

デンマークデザインをデンマークデザインたらしめるのは機能性と実用性だ。

このデータや数字に基づいた新機軸のデザイン様式を提唱したのは
「近代デンマーク家具デザインの父」とも名高いコーア・クリント
そのクリントの思想を継承した門下生がデンマークデザイン界の重鎮、ボーエ・モーエンセンだ。
モーエンセンはクリントがデンマーク王立芸術アカデミーに開いた家具科で学び、卒業後は彼のもとで研鑽を積んだ。

コーア・クリントボーエ・モーエンセン

生え抜きの愛弟子であるモーエンセンの作品にはクリントの美学が多分に反映されている。
その研ぎ澄まされた寸分の隙もないミニマルなデザインは
時代を超えても変わることのない説得力を持つ。

⇨次話へ