TOP > LONG-LASTING
maintop_longlasting

LONG-LASTING永く使えるもの

時を経たものだけが見せる表情。そこには堂々とした風格と、使う人の気品までも感じさせてくれる。

時間を共にする

時間を共にする

自らが選んだものに囲まれる暮らしはこの上なく贅沢なもの。愛着を持って過ごす心豊かな日常は、自ずとその人の仕草や表情にゆとりとして滲み出てくるものです。
時が経ってふと身のまわりのものに目を向けた時、それを初めて迎え入れた時とは違う表情を見せているはずです。
あの時にはなかった、傷や染み、色の変化。同時に、その当時の事に思いを馳せるのではないでしょうか。
巣立った子供が幼い頃につけたテーブルの傷、祖父が座っていた椅子の染み、変色したフローリング。そこには、新しいものにはない、年月が生み出した風格と美しい艶が刻み込まれているのです。新しいものはもちろん美しい。けれど時を経て変化したものたちは、少し大げさだけど、自分の歩んできた人生を表していると言ってもいいのではないでしょうか。

デンマークでは、大切に使われてきた家具を、親から子へ、子から孫へと代々受け継ぎ継承していくという概念があります。使い込まれ美しい艶を持つそれらの家具は、新しいものより価値あるものと評されることも少なくありません。

厳選された美しい天然素材だからこそ

厳選された美しい天然素材だからこそ

時と共に美しく変化するのは、厳選された天然素材だからこそ。樹種や革の種類によって色や風合いの変化はさまざまです。
どれとして同じ変化を遂げないところもまた魅力の一つです。

時代を超えるデザインと強度

時代を超えるデザインと強度

デンマークでは、デザインというものが特別なものではありません。人々は自分のスタイルで生活にそれらを取り入れ、楽しみながら日常的に使い込みます。それは公共施設にも見られる光景で、デザインが非常に身近であることがよく分かります。特に厳しい季節である長い冬を心地よく過ごすため、気に入ったものに囲まれた潤いある暮らしに対する意識が根付いています。そうした昔ながらの意識が、大切に使ってきた家具や物を親から子へ、子から孫へと代々受け継ぎ、想いを紡いでいくという慣習を生み出したのです。
使い込まれ美しい艶を持つそれらの多くは、デザインから半世紀以上経ったものがほとんど。にもかかわらず、新しいもの以上に価値あるものと評されることも少なくありません。こうして受け継がれていくものは時代の流れに左右されることなくさまざまなシーンに溶け込み、何十年経った今もなお、凛とした風格と新鮮さを感じさせてくれるのです。
受け継がれていくためには、これまでの年月、そしてこれから何十年続く日々にも耐え得る強度が必要不可欠です。
デザインから半世紀以上経った今も、当時と変わらず人々の生活に浸透しているという事実が、毎日の使用にも歪みが生じることなく安心して使うのに十分な強度を証明しています。私たちは日々そういったことを意識してものを使うことは多くないかもしれません。でもそこには、歪みがないゆえの静けさ、安定感が当たり前のように存在しているのです。時代を超えて愛されるのには、ちゃんとした理由があるのです。

天然資源を使うものとして

天然資源を使うものとして

タイムレスデザインと強度、この2つは使い捨てではなく大切に使い続けるためにも最も重要な要素です。
こうしてものを大事に使うという意識は、広い意味で地球環境の保護にも繋がっていきます。
今日の北ヨーロッパでは、すべての森はサスティナビリティの理念に基づいて運営されています。
温暖化による森林資源の減少に伴い、国が厳しく管理をしています。
特に工業や商業目的の森林伐採後は、必ず同じ数の植林を行わなければなりません。
そうして長い年月をかけ、森は再生していくのです。
スカンジナビアンフローリングに使われる材木はすべて、こうして管理された持続可能な森から切り出されています。